レーシックの種類と術式の違い

手術を避けたい方にオルソケラトロジー

レーシック手術のように角膜を削って視力を矯正する方法ではありませんが、視力矯正の一つとして提供されています。角膜を削らず特殊なコンタクトレンズを装着し角膜に癖を付ける方法で、どうしてもレーシック手術を避けたい方は利用してみると良いでしょう。ただし、長期間視力を回復するものではなく、コンタクトレンズの装着を止めると徐々に視力は低下していきます。手術は避けたいが、スポーツ選手など視力によって生活の質が変わると予想される方が、一時的に使用するのも良いのではないでしょうか。その他、今後老眼が進んでくることが予想される場合、一時的に視力を調整という考え方もできます。フラップを作らないため眼の強度は保てるため、格闘家や激しいスポーツにも対応しています。
夜間に特殊なコンタクトレンズを装着すると、寝ているときに角膜に癖ができ、起きている時に視力の向上が得られます。効果が得られるまではある程度の期間が必要で、数日前には付けなければなりません。角膜は削らないため、装着を中止すれば元の視力に戻すことができます。過矯正という心配が無く、装着を止めればいつでも元に戻せるという安心感があります。ただし、装着し続ける事によって費用がかかってしまうため、レーシック手術と良く比較した上で使用しましょう。