レーシックの種類と術式の違い

見え方が違うカスタムレーシック

通常のレーシックでは視力の回復のみを目的としたもので、見え方までは調節する事はできませんでした。見え方の質までこだわりたいなら、カスタムレーシックがお勧めです。クリニックによって名前は多少異なっていることがありますが、見え方を自分用に調整できるオーダーメイドのレーシックと覚えておくと良いでしょう。
通常のレーシックでは視力が上がっても、裸眼のように見え方が向上するわけではありません。夜間に物がにじんだり、光がまぶしくなるという症状が出てしまう可能性があります。人の角膜には指紋のようにそれぞれの人によって形状が異なっており、その形に合わせてレーザーを照射するのがカスタムレーシックです。費用は40万円〜50万円など高額ですが、裸眼により近づける手術を希望されているならお勧めできます。高度な機械を使用し、わずかな角膜の歪みまで診断してから手術が行われます。物がくっきりと見える、夜間の視力低下が起こりにくいのがメリットです。
角膜の解析操作には技術が必要なため、全て機械制御でできる高度な機械を導入しているクリニックを選ぶのも一つの方法です。ただし、角膜を削る量は多めとなる場合があり、角膜が薄い方は受けられない可能性もあります。