レーシックの種類と術式の違い

眼の衝撃に強いエピレーシック

エピレーシックはイントラレーシックと同様、レーザーによってフラップを作成する点は同様です。機械制御によるフラップ作成はより精度がよく、薄く作ることができます。イントラレーシックとの違いは、フラップがやがて剥がれ落ちるという点です。イントラレーシックはフラップを戻して癒着するのを待ちますが、エピレーシックのフラップは剥がれ落ち、新しい角膜上皮が再生するため眼の強度が保てます。スポーツ選手や格闘家などが選択するケースもあります。
PRKやラゼックと呼ばれる術式と同じ部類で、表面照射という術式となります。どの方法も眼の強度を保つ方法ですが、フラップの作り方が異なるため特徴をよく把握しましょう。エピレーシックはアルコールによる影響が少なく、PRKよりも視力の回復が早いとされています。また、これらの術式では術後の痛みがあるというデメリットも見られます。術後は7日くらい専用のコンタクトレンズを使用しなければならず、術後の管理はやや面倒といった特徴もあります。術後3ヶ月は紫外線から眼を守るためサングラスの着用が必要、視力の安定まで時間がかかるなどもデメリットがあり、術式の特徴をよく聞いてから手術を受けるようにしてください。