レーシックの種類と術式の違い

イントラレーシック

一般的にレーシックと呼ばれる手術が受けられない人や、より精度の良い手術を希望される方が選ぶのがイントラレーシックです。レーシックは眼球専用のかんなでフラップを削りますが、イントラレーシックはレーザーを使いコンピュータ制御によって作るため、より精密度が高いフラップが出来上がります。費用もレーシックより高額になります。安全面や見え方の違いを求めるなら、イントラレーシックがお勧めです。
従来のレーシックより薄く精密なフラップが作成できるため、角膜が薄いといわれた方でも手術が可能です。また、強度の近視でも角膜を削る範囲が広がり手術が可能な場合があります。フラップの精度が良いため、ドライアイなどの副作用も少ないと言われています。
デメリットは従来のレーシックと比べると手術時間が長い、層間角膜炎を起こす恐れがある、フラップの癒着に時間がかかる点です。フラップの癒着に時間がかかるという事は、眼を保護する期間も長くなり、スポーツなど制限が付く場合もあるため考慮してみましょう。手術を受ける場合には、副作用の問題や術後のケアについて詳しく聞いてから受けるようにしてください。ただし、従来の方法では受けられない眼の場合では、イントラレーシックまたは、更にそれより高度な手術方法を選択しなければなりません。